本文へスキップ

大門病院は津市の中心部に位置し、整形外科、外科、脳神経外科、リハビリテーション科を設置し、救急医療や外傷・手術などの急性期医療から、慢性期医療の療養病床まで地域の医療に努める病院です。重度の脊椎疾患(腰痛、頸部痛、上下肢痛、歩行傷害など)・膝痛(人工関節置換)・頭痛など専門医の診療もおこなっております。

TEL. 059-226-5525

〒514-0027 三重県津市大門1−3

各科・部門紹介CLINICAL DEPARTMENTS

看護部 放射線部 理学療法部  

看護部  

看護部長挨拶

 当院は、津市の中心部で整形外科・外科・脳神経外科・リハビリテーション科を中心とする、地域に根差した病院です。
看護部は、理念である【患者に寄り添い、思いやりのある看護】を目指しています。

 当院入院の患者さんは、急性期からリハビリ期を経て、元の状態で在宅に戻られる方、また終末期に入られる方もみえます。どんな状況におかれても人としての尊厳を大切にし少しでもその人らしさが出せるように看護を提供していきたいと思っています。
患者さんにとってのが出せるようにかかわるのが私たちの看護です。 

看護は、人を見て手を差し伸べ人を護ることを使命としています。
病院は、患者さんにとって非日常であるのに私たちは、日常と勘違いしてしまいます。常に振り返り、今何が必要で何をすべきか、話せる現場を作っていきたいと思っています。私達と一緒に、現場で語りませんか看護の素晴らしさを、、、

                  看護部長 福井是子  認定看護管理者

看護部理念
看護部の理念
  患者に寄り添い、思いやりのある看護を提供する。
基本方針
基本方針

1 看護の質の向上を図り、信頼される看護を提供する。
2 他部門との連携を密にし、安全で安心な看護を提供する。

教育方針
教育方針

  社会のニーズに応えられるように、専門職業人として看護実践力を高め、質の高い看護を提供できる看護師を育成する。

教育目標
1 組織の一員としての立場と役割を認識し、責任ある行動ができる。
2 個々のレベルに応じた看護実践能力を高める。
3 看護職としての倫理観を育てる。 

教育体制
 今年度より新人看護師を採用し、新人研修に取り組んでいます。

教育=共育として、共に育つを合言葉に新人看護師からもたくさんの事を学ぶ機会をもらっています。


放射線科 

放射線部
 放射線部では]線装置・超音波装置・電子機器を使用した画像診断検査業務をおこなっております。(下記検査機器を使用しております。)
画像診断(CT/MRI検査)は三重大学病院放射線科専門医が診断しております。
基本方針
基本方針

1 専門職として責任と自覚を持って業務にあたる。
2 患者さんには優しく丁寧に気配りを忘れない。
3 院内での協力意識を持ち、組織・医療の向上に貢献する。

全身型骨密度測定装置
 平成28年7月導入
従来の骨密度測定装置(前腕測定型)から全身骨密度測定装置に更新しました。

この装置では、腰椎・股関節などの海綿骨(骨髄成分)の多い骨が測定できるため、より鋭敏に骨密度の変化を捕らえられます。よって骨粗しょう症の早期発見や、予防、治療効果の判定などより適格に判断することができます。特に、女性の閉経後、60歳以上の方などは急激に骨密度の低下が起こって来ますので定期的に測定し、自分の骨の強さの低下を管理することが、いつまでも健康的な生活をおくる上で大切になってきます。  

                                                                                                                          
MRI装置

オープン型MRI

     オープン型MRI最上位機種を導入1テスラに匹敵する画像が得られます。 

     オープン型MRIは広く開放的な環境にて検査が受けられますので狭い所苦手な方や小児やお年寄りなどMRIが苦手な方にも配慮しています。     

     DWI撮影による急性期脳梗塞診断やMRAによる脳血管の検査が可能です。

  
マルチスライスCT装置

マルチスライスCT装置 

     高速スキャンにて被爆線量を抑え、画像再構成にてあらゆる断面、3D画像、mm単位の薄い断面を作成することができます。           

     CTでは頭、胸腹部検査をはじめ脊椎、四肢検査にも有効で、圧迫骨折、横突起骨折、ミエロCTや手足の微小骨折、骨融合状態の確認、さらに3D画像に病変の立体的把握にも有効です。                  

     造影剤を使用した血管撮影もおこなっております。

                                                                                                        
透視撮影装置
 透視撮影装置とはX線を使用して体内を透視し、その様子をTVモニターで観察しながら撮影診断する装置です。リアルタイムで体内の画像を動画として観察できます。

当院ではDR(デジタル処理)機能付装置を導入しておりますので、撮影された画像は、デジタル処理することにより高精細な画像を表示できるため、わずかな病変も鮮明に描出できます。

一般撮影装置
 一般的なレントゲン撮影装置です。骨・胸部・腹部などのレントゲン写真を撮影します。撮影室は2室設置し、救急・緊急時の対応と外来患者さまの検査との同時対応を可能にしております。                     

 レントゲン画像はCR(コンピュター処理)装置によりデジタル処理し、高精細な画像を表示します。また、CR装置により被爆線量も減少しております。

外科用イメージ装置
 X線を使用して体内を透視し、TVモニターにてリアルタイムに体内の画像を動画として観察する装置です。主に手術中に使用し、あらゆる方向から観察できるため正確で適切な手術へと導きます。 
ポータブル撮影装置
 移動型レントゲン撮影装置です。病棟内で移動困難な患者さまのレントゲン撮影をおこないます。
超音波検査装置
 超音波を使用して体内の臓器をTVモニターに表示する装置です。

腹部臓器をはじめ、心臓、血管、乳腺、甲状腺などの病変を検査します。また、カラードップラー機能により血流をカラー表示して心臓、血管、腫瘍などの病変を的確に診断します。

電子内視鏡装置
 胃や大腸などの検査に使う消化器内視鏡です。内視鏡画像をTVモニターに表示して検査・治療する装置です。                      
PACSシステム
PACSとは医用画像保管伝送システムです。

 レントゲン写真・CT画像・MRI画像などのデジタル画像を診断治療のため電子保管と院内配送をおこなうシステムです。

救急医療画像転送システム
 外科系2次救急医療施設として指定され、輪番による地域救急医療に参加しています。担当科以外の救急対応として三重大学医学部付属病院の救急部と「地域医療画像転送システム」を構築し、素早い的確な診断・対応体制を整備しています。

理学療法部  「工事中」

*****
○○○○○○○○
*****
○○○○○○○○
*****
○○○○○○○○
*****
○○○○○○○
*****
○○
*****
○○○○○

バナースペース

医療法人 雄飛会 大門病院

〒514-0027
三重県津市大門1−3

TEL 059-226-5525
夜間・時間外:059-226-2781
FAX 059-227-1233 
E-mail:daimon7@wish.ocn.ne.jp

診療時間
午前9:00~12:00
午後15:00~17:00
(木曜のみ9:00~11:00)
休診日:日・祭日・木曜11:00~
整形外科のみ(第1・第3・第5週 木曜および土曜午後休診:変更のする場合ありますのでトップページの今週の木曜診療をご覧ください。

病床数
  一般病床        41床
  地域包括ケア病床  14床
  回復期リハビリ病床 27床
  療養病床      24床
           計106床

面会時間
 全日:午後1:00〜午後7:00