本文へスキップ

大門病院は津市の中心部に位置し、整形外科、外科、脳神経外科、リハビリテーション科を設置し、救急医療や外傷・手術などの急性期医療から、慢性期医療の療養病床まで地域の医療に努める病院です。重度の脊椎疾患(腰痛、頸部痛、上下肢痛、歩行傷害など)・膝痛(人工関節置換)・頭痛など専門医の診療もおこなっております。

TEL. 059-226-5525

〒514-0027 三重県津市大門1−3

病院方針CONCEPT

病院理念


   地域の期待に応え、安全で安心な医療を提供し、温かい医療環境に努めます。

基本方針

(1)救急医療、福祉医療に積極的に取り組み、地域住民に信頼される病院づくりを進めます。

(2)患者様に真心で接し、わかりやすい丁寧な言葉で対応します。

(3)近隣の医療機関と連携を深め、地域医療の充実に貢献します。

(4)患者様のプライバシーを尊重すると共に、十分な理解と納得を得るよう努めます。


院長挨拶

CEO


 今回は当院ホームページにお越しいただきありがとうございます。
当院は津市の中心部に位置し、整形外科、外科、脳神経外科、リハビリテーション科を設置し、開院以来「地域の期待に応える安全で安心な医療の提供」をモットーに「地域医療の発展」に尽力しております。

 また、平成19年度には2次救急指定病院として津市の救急輪番制度に参加するとともに、三重大学を始めとした精鋭スタッフの派遣を受け、最新機器を駆使した適格な検査と診断による高度医療や救急医療に取り組んでいます。

 平成24年6月には新病院が完成しました。この機会に電子カルテを始めとした新しいシステムの構築に努め、よりスピーディで質の高い病院づくりをめざしてまいりますので、皆様の一層のご理解、ご支援をお願い申し上げます。

病院概要


医療機関名    医療法人社団 雄飛会 大門病院
所在地      三重県津市大門1−3
理事長      池田 雄三
院長       池田 雄三
病院種別     一般病院
許可病床数    一般病床41床 地域包括ケア病床14床 回復期リハビリ病床27床 療養病床24床
職員数      105名
診療科名     整形外科 外科 脳神経外科 リハビリテーション科   
診療時間     9:00〜12:00 15:00〜17:00 木曜9:00〜11:00 (日・祭日・木曜午後:休診)  
構造       鉄筋コンクリート耐震構造
救急体制     2次救急輪番体制      
実績等(2011年度)   救急搬入件数 563件 
             手術数 452件(整形外科手術:420 件、外科:26件 口腔外科:6件)

             上肢骨折70件  下肢骨折64件  変形性膝関節症(人工関節置換)26件
             大腿骨頸部骨折55件  変形性股関節症及び大腿骨頸部骨折(人工関節置換)49件
             腰部脊柱管狭窄症51件  腰部椎間板ヘルニア12件  頸部脊柱管狭窄症12件
             腱靭帯縫合手術10件  ソケイヘルニア5件  その他 
地域連携実績
         紹介患者受入れ数(半年) 総数:517件    (病病:150 病診:351 病施設:16)
         
逆紹介患者数  (半年) 総数:274件   (病病:149 病診:114 病施設:11)
         入院加療実施件数(半年)   総数:102件    (病病: 42    病診:45     病施設: 15)
         検査依頼受入れ数  1333件(MRI・CT 大学病院156件 近隣医院1177件 23年度)

開設年       昭和49年

院内体制

理事長 池田 雄三   院長 池田 雄三
整形外科部長 三枝 ふみの 内科医長 池田 歩
外科部長 三枝 庄太郎 管理部長 東村 良重
看護部長 福井 是子 総務部長 塩見 憲一
マネージャー 伊藤 邦子   
整形外科 三重大学整形外科  派遣 非常勤 外科 三重大学外科   派遣 非常勤
脳神経外科 三重大学脳神経外科 派遣 非常勤  胸部外科 三重大学胸部外科 派遣 非常勤
内科 三重大学循環器内科 派遣 非常勤  麻酔科
 三重大学麻酔科  派遣 非常勤


病院沿革

昭和49年
世古口外科・整形外科として19床にて開院。
昭和56年
大門外科・整形外科と改名し病床数35床にて新築移転。
昭和57年
入院病床を35床から52床に増床
平成01年
病院増改築。病床数52床から96床に増床
平成02年
救急病院として認定される。
平成07年
新病棟増築 97床から115床に増床。
平成10年
療養型病床を設置 一般病床78床 療養型病床37床に病棟を再編成する。
平成18年
一般病床90床 療養型病床25床に病棟を再編成する。
平成19年
津市二次救急輪番病院に指定される。
平成20年
医療法人社団雄飛会大門病院へと法人化する。
平成24年
新病院を建設する。一般病床81床 療養型病床25床に病棟を再編成する。
平成27年
回復期リハビリテーション病棟を27床開設し、一般病床55床、回復期リハビリテーション病床27床、療養型病床24床に病棟を再編成する。
平成31年
地域包括ケア病床を14床設置し、一般病床41床、回復期リハビリテーション病床27床、療養型病床24床に病棟を再編成する。
 

就業体制

次世代育成行動計画       職員が仕事と子育てを両立させることができ、働きやすい雇用環境を整備するため
                次のように行動計画を策定する。 

                計画期間:平成29年1月1日〜平成31年12月31日までの3年間

                 目標1:計画期間内に育児休暇の取得率を次の水準にする。
                     女性職員・・・取得率を100%とする。
                     男性職員・・・計画期間中の活用事例を実現する。
                   *子供が1歳になるまでの期間で、一日単位でも可
                   *事前に計画を届けるものとし、この期間は無給となる。

                 目標2:育児短時間勤務、子の看護休暇の活用事例を実現する。
                   *育児短時間は、3歳までの子の養育のため、出退社時間を調整し、1日6時
                    間勤務を実施する。
                   *この看護休暇は、就学までの子の疾病の世話のため、年間5日を限度に休
                    暇を付与する。時間単位の所得を可とする。
                   *事前に計画を届けるものとし、この期間は無給となる。

                 目標3:有給休暇の半日単位の取得制度を導入する。

                 対策 :上記目標に対し管理職員を対象に説明会を開催のうえ、メール、掲示など
                     により職員への周知を図る。

WLB(ワークライフバランス)の取り組み      

                大門病院では、WLB(ワークライフバランス)に係る三重県看護協会の取り組みを
                受け、平成28〜29年度の2年間で以下の取り組みを進めています。 

                1・ミッションとビジョン
                ○ ミッション「地域医療に貢献し、安全で安心な医療を提供する」
                ○ ビジョン「職員が働きやすい環境を整え、質の高い医療・看護の提供を目指す」

                2・アクションプラン
                (1)就業規則の周知(就業規則の周知、労働条件・労働環境・ハラスメント等に関
                   する職員の相談窓口の設置など)
             
                (2)新看護体制を考える(看護ケア充実のための業務の見直し・整理と看護必要度
                   の評価における実践記録の整備など)

                (3)教育体制を整える(新人教育研修の構築・実地指導者の育成、中途採用者及び
                   看護補助者の教育の強化など)


バナースペース

医療法人 雄飛会 大門病院

〒514-0027
三重県津市大門1−3

TEL 059-226-5525
夜間・時間外:059-226-2781
FAX 059-227-1233 
E-mail:daimon7@wish.ocn.ne.jp

診療時間
午前9:00~12:00
午後15:00~17:00
(木曜のみ9:00~11:00)
休診日:日・祭日・木曜11:00~
整形外科のみ(第1・第3・第5週 木曜および土曜午後休診:変更のする場合ありますのでトップページの今週の木曜診療をご覧ください。

病床数
  一般病床        41床
  地域包括ケア病床  14床
  回復期リハビリ病床 27床
  療養病床      24床
           計106床

面会時間
 全日:午後1:00〜午後7:00


newpage1.htmlへのリンク